エンジュ

エンジュ(マメ科)[槐]

名は古名のエニス(恵爾須)の転訛。エニスは槐子(エンジュの種子)の呉音読み「エス」の転。
中国北部原産で古い時代に渡来し、鬼門に植える縁起木・出世の木として庭木や街路樹として植栽される。
蕾を黄色の、樹皮や果皮を栗色の染料として利用した。材は硬く、光沢が美しいので、高級家具や彫刻にされる。漢方では蕾を槐花(かいか)といい、止血、消炎薬とする。若葉はゆでて苦みを抜いて食用(救荒食)とし、茶の代用にもした。

幹は直立し、よく分枝して高さ15-20m、直径70cm以上になる落葉高木。樹皮は暗灰褐色で縦に浅い割れ目がある。内皮は黄色で臭気がある。1-2年目の若枝は濃緑色で刺はない。
葉は互生し、長さ15-25cmの奇数羽状複葉。托葉は長さ4-8mmの線形。小葉は4-10対が対生または一部がずれて互生し、小葉柄は長さ2mm。小葉は長さ2.5-6cmの卵形~卵状長楕円形で全縁、基部は広いくさび形~円形、先は葉軸の基部に近いものはやや鈍頭で先のものはよくとがる。表面は深緑色で脈上に毛があり、裏面は全面に伏毛が生え、白っぽく見える。
枝先に長さ30cmほどの大きな円錐花序を出し、淡黄白色で長さ1-1.5cmの蝶形花を多数つける。苞は広卵形で早落性。小苞は2個。萼は長さ3mmの杯形で5歯があり、基部の一方が膨れる。旗弁は反り返って立ち、竜骨弁は円頭、旗弁と同長で長さ1.2cm、翼弁は長さ1cmの長楕円形。雄しべは10個で全て離生し、長さは不同。
豆果は長さ4-7cmで数珠状にくびれ、ほぼ無毛で枝から下垂する。水気がある肉質で粘り、裂開しない。果皮は黄緑色で中に1-4個の種子を入れる。種子は長さ7-9mmのやや扁平な腎形。

シダレエンジュは漢名を竜爪樹といい、枝が枝垂れる。イヌエンジュは葉軸と小葉の裏面に細毛が密生する。花は複総状花序につく。樹皮に菱形の皮目がある。ハリエンジュは小葉は円頭~凹頭。若枝に刺がある。花序は総状花序で下垂する。
花期:7-8月
分布:帰化植物
撮影:2022.7.11 横浜市中区
エンジュ-2
円錐花序に多くの蝶形花をつける。 2022.7.11 横浜市中区

エンジュ-3
2022.7.11 横浜市中区

エンジュの花
旗弁は白地で中央が黄色に染まる。 2022.7.11 横浜市中区

エンジュの葉
葉は奇数羽状複葉。 2022.7.11 横浜市中区

エンジュの葉-2
裏面は全面に伏毛が生え、白っぽく見える。 2022.8.17 横浜市中区

エンジュの果実(豆果)
豆果は数珠状にくびれる。 2022.8.17 横浜市中区

エンジュの樹皮
樹皮は暗灰褐色で縦に浅い割れ目がある。2022.8.17 横浜市中区

ハリエンジュに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。